COUNT: 70367
荒らし対策有効

[ 住民一覧 | クッキー屋さん | 並び替え表示 | 住民登録 | 改築 ]
名前
タイトル
HTML有効
自動リンク [アイコン一覧] [再表示]



誰も言わないので2052016/03/26 [03時04分30秒]
なにが黒霧島だよ。あんたここから引退しろよ。いいな?な?な?


零戦勉強中さんとの一夜♥じゃま2016/03/22 [20時23分11秒]
さて、零戦勉強中さんの疑問…

重いものと軽いものはどちらが早く落ちるか。

これ、なかなか面白い問題で、中学校の入試問題なんかにでてきますよね。

単一乾電池と、単三乾電池を、ヒモでつないで落としたら、どうなるでしょうか。
 
1.単一乾電池だけより早く落ちる
 →全体の重量は単三乾電池のぶんだけ重くなるから。
 
2.単一乾電池だけのときよりゆっくり落ちる
 →単三乾電池はゆっくりおちるから、単一乾電池にブレーキをかけるから、より遅く落ちる。

さて、どちらか、どちらでもないのか。
どうでしょう、みなさん???







それはじゃま2016/03/09 [05時31分27秒]

とおりさんの書き方のせいではありませんよ。

ボクがBUNさんに黒霧島をおごったせいで、BUNさん酔っていたんですよ。



禁忌ではなくとおり2016/02/28 [08時12分34秒]
議論する姿勢かなと思います。
私も以前、「〜(BUNさんの書き込みの番号)は根拠がない」と書いて削除されていました。これについては書き方が良くなかったなぁと反省しています。

「逆らう」とかではなく、粛々と丁寧に反論すればよろしいのではないでしょうか。もしあるんなら。



あともう一つP-kun2016/02/28 [05時24分06秒]
そんな禁忌あるんだったら、
あなたHNが「じゃまんちお」時代に叩きだされてますぜ。


えっとさ・・・P-kun2016/02/28 [05時16分09秒]
>このサイトでは、片さんとBUNさんに逆らうのは禁忌になっている。
そんな禁忌あったの?
このサイトに15年以上居着いてますが、知らなかったなあ・・・
で、不思議に思うのは、管理人が脅しをかけた時って、片さんとBUNさんってあなたに絡んでましたっけ?

それにね、むしろ、
AnsQ・議論ボードを見る限り、あんたを何で叩き出さないんだという声のほうが多い気がしますよ。

それでも管理人はあなたを叩き出さない。
何でなんでしょうね。


片さん、じゃま2016/02/27 [21時17分20秒]
このサイトでは、片さんとBUNさんに逆らうのは禁忌になっている。
それを思い出していただきたいです。
それを犯すと、管理人が「叩き出すがよろしいか」と脅してくる。
みんな怖がって、ご無理ご尤もと言わないといけない。

それだけの権力がお二人にはある、このサイトでは。


世の中には2016/02/22 [17時53分34秒]
不思議なラッセルがいたものだ。

そのような実在しないラッセルを記述しなければならないのだとしたら、と、ラッセルは理屈をこねているのであって。


片さんへ(その3)じゃま2016/02/21 [15時06分06秒]
ほんとうに主語になりうるのは
「この物」
「この人」
といった指示代名詞だけだとラッセルが書いているでしょう。

だから、コミュニュケーションというのは、それこそ「命がけの飛躍」で、非常に危ういものではないのか。



主語も目的語もなく意味を伝えることが出来ると思うのか2016/02/19 [07時22分06秒]
>独善的だと思う。
>誰だってそうだから、仕方ないが、

その通り、君は独善的であると私も思う。
「誰だってそうだから、仕方ない」と思う寛容さを何故あなたは周囲に対して求めるのか?


片さんへ(その2)じゃま2016/02/18 [07時02分01秒]
独善的だと思う。
誰だってそうだから、仕方ないが、その限界をどう感じるのか。

だから、フッサールについてどう考えるのか、聞きたい。
続けてください。



そして2016/02/15 [10時57分59秒]
それですら、問題の本質ではないのではないか、ということで。


いや2016/02/15 [10時15分15秒]
お題は「推力式集合管の場合と推力式単排気管の推力の差」というピンポイントなものなんですよ。
最初から推力式集合管である四式戦が、単排気管に変えることでどれだけスピードアップできたか、ということなんですから。


そもそも、気筒体積は必要でしょうか?2016/02/15 [00時26分32秒]
栄と誉の排気推力を比較するというお題からは、単気筒の体積は本題ではなく、総排気量27lと35L、加給圧と断熱温度効率(吸気密度)の差,充填率,推力排気管とするための排気抵抗増大の得失が本題にとってより重要だと思います。
最初の質問の「14気筒」「まとめて」というのがひっかけ問題になっているんでしょうか?


栄の排気量2016/02/14 [11時24分31秒]
気筒あたりの排気量を、ネット検索か何かで探し出した27.86を14で割って出そうとするからおかしくなるんです。
行程容積=シリンダ断面積×ピストン行程=1.99
排気量はこの数字です。

燃焼室容積=1.99/(7.2-1) は、ここには関わってない。


無題2016/02/10 [12時01分03秒]
言語は多義的ですが、にもかかわらず意思疎通の手段として使うことができる。
それはなぜなのでしょう。
「文脈」という要素がさらに付け加わるからです。
この文脈は厄介なことに、言葉として発せられませんから、そこで伝達されるべきなんらかの意味を予め共有していなければならないことになります。

じゃまさんは「あなたは、言語の多義性によるルプレザンタシオンの限界を感じて、映像を選んだ」のだろうと、言語の多義性による表現の困難さに僕があえいでいるのだろうと心配してくれているのですが、実際のところ映像の方が言語以上に多義的で、文脈に頼らなければならない度合いがはるかに大きなものなのです。


もうひとつ2016/02/10 [11時35分56秒]
今回の質問者の問いかけ、
「となると、推進剤は何を使っていると思われるでしょうか?」
「やはり、ヒドラジン辺りになるのでしょうか?」
に対して、じゃまさんは、
「水蒸気の問題についての答えを求めている」
と考えた。
この質問文のどこを捉えて根拠としてそのような結論を導き出されたのでしょうか?


「可能性」と書きましたが2016/02/10 [11時20分22秒]
「予断」と表現してもよいかもしれませんね。
じゃまさんのその予断はどこから来たのでしょうか?
何に由来しているのでしょうか?


仕方ないので少しだけ相手になりますが2016/02/10 [11時15分34秒]
「あなたは、言語の多義性によるルプレザンタシオンの限界を感じて、映像を選んだ」

という可能性をじゃまさんはどこから感じ取られたのでしょうか?


片さんへじゃま2016/02/10 [06時40分54秒]
あなたの言う「国語」の意味がわからない。
あなたは、言語の多義性によるルプレザンタシオンの限界を感じて、映像を選んだのではないのか?

言語は言語によってしか、語ることができない。
メタ言語は存在しない。
つまり、不可能である。

しかし、それが可能だと信じるのが小説家や詩人でしょう。
だから、蓮見重彦は、近代文学を「死産した子供」と表現した。

あなたの言語に対するスタンスが知りたい。

説明してほしい。
続けてください。




国語2016/02/09 [10時26分59秒]
「アクセルを思いっきり踏み込んでみたけど馬力が『出ない』」
というときの「出ない」は出力がゼロであるということを意味指さない。
このように「出ない」という言葉は、○か×かではなく、その中間の状態の程度問題であることを示す場合もある。


プラントル以前2016/02/07 [23時16分09秒]
クッタの条件について、今井功先生、バチェラー先生の解説では静止状態から始めて境界層の剥離に伴う圧力分布による流線の移動で定常状態に至った時点で、後縁で翼の両面の流線が合流してめでたくクッタの条件が成立ということになっているのです。
以上の説明には境界層の剥離という概念が使われています。プラントル先生のの境界層に関する発表の前に、クッタ−ジューコフスキーの条件というのが発表されているので、オリジナルの論文ではどういうロジックで説明されていたのか、とても気になっています。
どうでもいい話ですが、
リリエンタールはグライダーを8機販売しました。そのうちの1機はジューコフスキー先生がお買い上げになったそうです。


い さんへじゃま2016/02/07 [20時20分19秒]
い さん
コメントありがとうございます。
プラントルは「プラントル数」「混合長理論」のイメージもあるから、伝熱とか、境界層とか、乱流とか、いろいろ活躍したすごい人ですよね。





クッタ ジューコフスキーの条件2016/02/07 [00時38分06秒]
 クッタ先生の博士論文が1902年、ジューコフスキー先生の論文が1905年、プラントル先生の境界層理論の発表が1904年、これらの理論、定理は普通の流体力学の教科書に紹介されていますが、時系列的な関係はほとんど紹介されていません。
 クッタ、ジューコフスキー両先生の論文に出発渦から定常状態への過渡的な現象の説明に境界層的なアプローチが提示されているのかどうか、興味が湧いてきたのですが、ドイツ語もロシア語も挫折してしまったので,,,もっと勉強しておけばよかった。


クッタ条件…議論ボードの続きじゃま2016/01/31 [18時22分01秒]
クッタ条件を満足するとき、流体は翼後縁を無限大の角速度で移動することになる。

これは数学的に要請される条件だけれど、物理的には不可能である。

実際にはこの問題は、流体に粘性があることで回避できているので、そのあたりを書いていこうと思います。



い さんへじゃま2016/01/30 [06時31分21秒]
コメントありがとうございます。

先生によってだいぶ違うとおもうんですよ。
今井功さんの「流体力学」前編は、理想流体で占められていますよね。
あれに惹かれた先生は、だいたい輪講のテーマに取り上げる。

一方で、シュリヒティングの「境界層理論」のインパクトがあまりに大きかったから、はじめから演習問題にポアズイユ流れを与える先生もいる。

研究室には、複素関数を知らない人が入って来たりして、流れ関数を使えば、ポテンシャル流れでかなりの問題を解けると話すと、驚かれたりしますよ。



非粘性流体とマグヌス効果2016/01/28 [23時23分42秒]
法線ベクトルと流速が直交するのは、壁面を固体壁(透過なし)とするためでは?
実在流体での滑りなし条件でも、法線ベクトルと壁面での流束ベクトル(速度0)
の内積は0になります。
非粘性流体でも、壁面の流速を接線方向に一定値と規定すると循環が発生しマグヌス効果による揚力が算出されます。この場合、表面に速度境界層なしという実在しない流れですが、
マグヌス効果の説明として十分かと、、、、、

理想流体(非粘性流体)でも、翼の後端にKutta条件を適用すれば循環が発生し揚力が算出されるはず、
渦糸を並べて、各渦糸の誘導速度の総和で翼表面の速度が翼表面と平行になるように渦糸分布強度を決めるというのは、離散渦法ですが後縁をKuttaの条件で拘束して揚力が計算されます。

 ところで、最近の機械系の学生さんはポテンシアル流が必修カリキュラムに入っていないというのは本当でしょうか?
 最初からRANSソルバーで流体力学をお勉強というのは、あまり賛成できない。


マグヌス効果…議論ボードの続きじゃま2016/01/23 [06時49分44秒]
如風さんの書いていたマグヌス効果である。

一様流の中に置かれた、回転する円柱には、揚力が発生する。
循環が生まれるからだ。

しかし、これは流体に粘性がある場合である。
理想流体の場合、揚力は発生しない。

同じく、理想流体の中に置かれた翼には揚力は発生しない。

翼表面の法線ベクトルをn、流体の速度ベクトルをu、とすると、

  n・u=0

である。
境界条件は、微分方程式でいうノイマン条件であり、滑り条件slip flow conditionである。

 これが意味しているのは、翼表面は流体と同じ速度で移動しているということである。

 だから、循環は発生せず、揚力は発生しない。

ダランベールは円柱について、これを証明したが、翼でも同じである。



「告白」 アウグスティヌス (その2)じゃま2016/01/17 [19時39分36秒]
「ローマ人への手紙」の中で、聖パウロはおのれの欲望とイエスの教えとの相克に苦しむ。

それで、アウグスティヌスは、道ならぬ恋?に落ちて、子供までつくってしまう。
子供ができると別れてしまうのは古今東西の道ならぬ恋の常。

鴎外の「舞姫」を思い起こされよ。

アウグスティヌスだって斉藤美奈子に言わせれば「妊娠小説」の類型なのだろうな。



「告白」 アウグスティウスじゃま2016/01/16 [20時05分17秒]
「三位一体」の概念を、「ローマ人への手紙」に見出したという。

でも「ローマ人への手紙」を何回読んでもわからないなあ。




URLを貼るときはじゃま2016/01/12 [21時46分15秒]
Ans&Qで、「MITのサイトから拾ってきました。実際はこうなるようです。」とMITのURLを貼った方がいました。

図や式が載っていて、読んでみたら、まったく関係無いことしか書かれていませんでした。

貼った方は読んでないし、理解もしていなかったのでしょう。

面倒そうな式だし、天下のMITだから、みんな恐れ入ると思ったのかわかりません。

こういうことをすると、信用できなくなってしまいます。




いざ!南方へ!…議論ボードの続きじゃま2016/01/11 [20時14分36秒]

>そういえば、以前に書いていた「翼端渦は粘性によって急激に減衰するはずです」という発言の根拠も示されていませんね

自由渦だから、と書いているのですが。

τ=μ∂u/∂x

で、境界条件は
u=0|at r=0
u=0|at r=R

のディリクレ条件だから、全体がゼロに近づく。

速度勾配が急なところほど急にゼロに近づこうとする。
凸凹がなくなりゼロに近づくように動く。

だから翼端渦の速度分布は、中心からちょっと離れたところで最大値で、あとは対数曲線のように急に減衰する。

これを近似する関数は、たとえば、rを半径としてポアッソン分布のような形

V(r)=λ**r・exp(-λ)/r

  λ=RL=const.

Rは翼幅、Lは翼弦長

クラークフィールドからパラオに進出するようなとき。

編隊を組んでいると、洋上の長距離飛行だから、だんだん眠くなってコクリコクリやりだし、ふらふらする者がいる。

すると、自機の翼端をその機の翼端にコツンと当てて、目をさまさせるそうである。

翼端渦の強さはそんなものである。

練習機だって、編隊で旋回する訓練をしていたのだから。


タバコの煙の場合…議論ボードの続きじゃま2016/01/09 [20時29分49秒]
>無限遠まで範囲を広げられるということと、渦が繋がっていなくてもいい、ということはイコールではありません。

これも違っていて。

ヘルムホルツの考えた渦糸の境界条件は、

・両端が無限遠
・両端が個体壁
・片端が個体壁、もう片端は無限遠
・両端がつながって渦輪vortex ringになる

と、四つある。

「翼面上の束縛渦が翼端渦となって流れだし、その先は無限遠まで続く」
というのが三次元翼モデルです。

これは渦糸が∩の形になって、あたかも馬の蹄鉄のようだというので、馬蹄渦 horseshoe vortex と呼ばれる。

でも、「渦糸がリングになってつながる」のでもかまわない。
この場合、出発渦departure vortex とよばれる渦と翼端渦と束縛渦がつながってリング○になる。

どちらでも、いいのです。

タバコの煙を、リング状に吹き出せる人がいますが、あれは口の周りと煙の粘性剪断で渦が発生して、つながり、渦輪になっているのです。

タバコの場合は、リングが、ア・ポステリオリに発生するから、本当はヘルムホルツの定理とは一致しない。

ヘルムホルツの場合は、タバコを吸う人は存在せず、初めからリングが存在していて、永遠に存在しつづける。


理想流体の無理…議論ボードの続きじゃま2016/01/08 [19時05分59秒]
>したがって、速度が増加すればするほど慣性力の影響が増加するんです。

確かにそうですけど、粘性力だって速度と共に増加して抗力を増す。
二次の関数があるからといって、一次の関数を無視しちゃあいけない。

>高レイノルズ数の場合、その途中過程では粘性の影響は十分に小さく、非粘性と扱っても十分な近似になり得る

粘性のために各種抗力が生じるのだから、「十分な近似」ではない。
それなら、境界層だってなくなってしまう。

…と文句を言いたいですね。

>そもそも、じゃまさんは流体力学もヘルムホルツの定理も充分に理解していませんね

総花的に批判しようとすると、必然的に
「それはあいつがもともと悪い奴だから」
という結論になっちゃうんですね。

みなさんも経験されているでしょう。

こういうふうに短絡するのは、よくない。

理解しているから、零戦勉強中さんを批判できるんです…と文句を言いたいです。






理想流体の世界…議論ボードのつづきじゃま2016/01/07 [19時51分55秒]
一様流の中におかれた翼の循環Γの時間変化をもとめてみます。

DΓ/Dt=∫(udx+ydy+wdz)
   =∫{d(V**2)/2-dp/ρ-dΩ}+ν∫(∇**2udx+∇**2vdy+∇**2wdw) 

右辺第一項の積分はゼロだから、

DΓ/Dt=∫(udx+ydy+wdz)
   =ν∫(∇**2udx+∇**2vdy+∇**2wdw) 

非圧縮性非粘性の理想流体ならν=0だから、第二項も0、
だから、

DΓ/Dt=0 

で、循環の強さは時間に依存しない。

>三次元翼なら非粘性流体でも翼端渦は発生します

これが違う。
理想流体の中では、渦があたらしく発生することはないんです。

初めから、天地開闢のときから、束縛渦と循環と翼端渦がある。
その三点セットで出来上がっているのがヘルムホルツの世界です。

出発渦を主張したい人は四点セットですかね。

一様流の中におかれた翼に、渦は初めからないし、永遠に生まれることもない、でもよいのです。

この「与件(given)」という概念が理解されていないのですなあ。




議論ボードのつづきじゃま2016/01/07 [07時26分13秒]
管理人さんに、じぶんちでやってくれとのことで、こちらでやります。

レイノルズ数について。
◎零戦勉強中さんの意見
 ◇昆虫より航空機のレイノルズ数はずっと大きい。
  だから、航空機に対する粘性力は小さい。
   
 ◇ヘルムホルツの定理は、非粘性という仮定で渦の形状を求めた  結果

 ◎じゃまの言い分
 ◇昆虫のレイノルズ数より、航空機のそれが大きいから、粘性力の影響は小さくて、とるに足らない、ということにはならない。
    
  ◇非粘性の理想流体では、渦が発生しないから、渦の形状は求められない。
   最初の渦を所与としてあたえなければ、「渦の形状を求める」ことはできない。

 粘性力の絶対値が大きいから、航空機では各種の損失が起きて問題になるのでしょう。
 
 ここでレイノルズ数を関与させる必要はないです。
 昆虫とレイノルズ数を比較するという発想がわからない。

 


中原街道(その6)じゃま2015/12/31 [18時31分20秒]
「ハケ」というのと同じようにアイヌ語が残っているのまだある。

「新大久保」「荻窪」のような、「くぼ」である。

これはアイヌ語で「水のたまっているような低い土地」を意味するそうである。

アイヌ語は上代日本語と同じく、「は行」を「ぱぴぷぺぽ」と発音するから、むかしは「クポ」と呼ばれていたはずである。

北海道に、海軍航空隊で有名な「美幌」があるでしょう。
あれも、本来は「ぴぽろ」とよばれていたはず。

唯一、「ぱぴぷぺぽ」が残っているのは、

そう!
「さっぽろ」札幌なのですね。






中原街道(その5)じゃま2015/12/21 [20時33分11秒]
それで、どんどん人が住むようになったが、戦時中には空襲がすくなかったらしい。

だから今でも、洗足池や長原といった池上線や目蒲線のあたりを歩くと、高いところに玄関をかまえた古い家を散見できる。
瓦葺で生垣があり、洋間が端のほうについている。

それでもやはり田舎であったのは否めない。

伯父は「俺が小学校に上がった時、洋服を着てたのは、俺と市議会議員の息子だけだったよ」
と話していた。

神田、日本橋、麹町といったあたりとはちょっと違っていたのだろう。





中原街道(その4)じゃま2015/12/20 [16時49分48秒]
そんな土地に、五島慶一と渋沢栄一が組んで、新しいビジネスを起こした。

郊外に住宅地をつくり、都心の勤務先に人々を鉄道で輸送する、というものであった。

これがうまくいったのは、関東大震災と、大正の軍需景気のためであると思う。

震災で壊滅した市街地を避け、郊外に一戸建てを建てる、経済的余裕のある人々が生まれていたのだ。

日本に初めてブルジョワ、というか、中間層が出現したのである。



中原街道(その3)じゃま2015/12/08 [19時35分03秒]
国分寺崖線は、武蔵野市あたりではじまって、丸子橋のちょっと下までつづく。
「ハケ」と呼ばれるのはこの丘で上代なら「パケ」と発音されていたはずで、アイヌ語とも言われる。

このへんは、今はネットですぐ出てきますね。
ネットって、いいですね。
図書館でカードめくって、本を探す労力がほとんどゼロになるんだから。

今は住宅地になっているけれど、歩いてみると、小さな古墳があったりして、古くから人の住んでいたことが知れる。

扇状地は湧き水が出やすいので、住むところに選ばれたんでしょうね。



中原街道(その2)じゃま2015/12/07 [19時50分20秒]
自分も中原街道の近く、世田谷のハズレで暮らしたおり、そのあたりについて調べてみたりしたので、書いていこうと思う。

畑ばかりだったというのは、水田が作れるほどの水源がなかったからなんである。

いや、多摩川はあるのだけれど、あれは武蔵野台地を削りながらできていて、深いところにあるから、もちあげないといけない。

それがむずかしいのは、「国分寺崖線」という丘みたいなのが、多摩川沿いにずーっと続いているからである。



中原街道じゃま2015/12/06 [20時03分16秒]
老父は東京、といってもあのあたりで子供時代を過ごした。

ずーっと畑ばかりが広がり、街道沿いに家が並んでいる程度だったそうである。
そこを、川崎の方から野菜なんかを積んだ馬車が通っていた。

自由が丘にはぶどう狩り(そんな商売が昔からあったわけだ)に行ったと。

田園調布も、おうぎ形に家が建ててあるのは駅のまわりだけで、あとは畑ばかり。
幼稚園では、イモ掘りにいったところだと。

「都」と称されるのは山手線の内側だけで、あとは郊外、だったのですね。



「風と共に去り」ミッチェルじゃま2015/12/03 [20時40分49秒]
南北戦争を経験した人たちを徹底して取材したという。

それで、経済的な状態も、税金とかマーケットの様子とか、克明に書いてある。

兵は歩いて穴を掘り、また歩いて穴を掘り、を延々と繰返している。

普仏戦争や戊辰戦争と同じ時期に、すでに塹壕戦を始めていたのだな。



水嶋式結婚式じゃま2015/11/20 [20時11分55秒]
一時間程度で済むので、とても評判がよかったという。

・出席者スピーチ
・お色直し
・友人のギター弾き語り
・帰りの電車で重くて捨てたくなる引き出物

などがないとか、いいですね。


ギリシアじゃま2015/11/12 [20時48分13秒]
ギリシアの経済危機である。
ギリシアの国債は、欧州中央銀行経由で、EU各国の銀行が買い取っている。

で、EU域内の銀行で貸し倒れになったところはなく、収益はたいして悪くなっていない。
ユーロ安に向かってもよさそうなものだが、ギリシアの債務など、EU域内の金融規模に比べれば、些細なものだから、そうならない。

つまり、ギリシア国債は、EU域内ですでに償還されているのだ。

それでもEUはギリシアに構造改革を迫る。

つまり、EUは、加盟国の利害ではなく、域内の金融機関の利害を代表するようになってしまったのだ。

そんなことなら、もともと通貨統一なんか必要ないので、イギリスはたいへん賢明な選択をしたことになる。

高邁な理想をかかげてはじまったEUなのに、世界の趨勢には逆らえないのだな。

90年代のアジア通貨危機と併せて考えられよ。






「細雪」谷崎潤一郎じゃま2015/11/09 [20時01分03秒]
これは今の若い人にもたいそうウケのよい小説だ。

四姉妹のうち、いちばん美人の三女、雪子の結婚が軸である。
だから、舞台でも映画でもだれが雪子を演じるかが話題になる。

で、問題は雪子の年齢が三十歳というところである。

昭和初期なら二十五で年増、三十ともなれば大年増で、後妻の話でもあればまずは目出度いところであった。

当時の女性の感想を知りたいものである。




黒田バズーカ(その2)じゃま2015/11/07 [21時34分15秒]
■財政破綻は気にしない。

 債務者が破綻したら、債権者が困るのだから、投資家や金融機関
は、それを回避すべく政治的に資金を注入する。

古くはマーシャル・プランがあったし、1970年代の南米なんかでデフォルト宣言した国があっても、先進国の銀行で取り付け騒ぎが起きたりすることなんか、なかったからです。



なんじゃそりゃBUN2015/11/04 [22時40分35秒]
4つ以上考えようよ。


黒田バズーカじゃま2015/10/29 [17時56分12秒]
このまま金融緩和を続けていくと、どうなるか。

■景気が好転して、税収が増加して、国債の発行残高が減る。

■景気が好転して、市中の現金需要が増加し、長期金利が暴騰して、日本は経済破綻する。

■景気は好転するが、国債の発行残高増加に追いつかず、長期金利が上昇する。
先送りできるが、いずれ日本経済は破綻する。

■景気は好転しないが、これを忍ぶ。市中の現金需要は逼迫しないので、金利は低いままである。
経済破綻は先送りできるが、いずれ避けられない。

という四つのシナリオが考えられる。

いろいろ経済雑誌や新聞をみると、千兆円を超える負債を返せる見込みは、もうない。
景気が回復しても規模は知れたもの、焼け石に水である。

経済破綻をどれだけ先送りできるか、というアイデアを競わねばならぬ段階である。

それは世界中の投資家も承知しているから、すでに日本国債の格付けは下がってきている。

だから、そのうち投資家が一斉に売りに出ることでしょう。

日本人も、海外投資家が売ったお金を投資するであろうところに、前もって円建て資産を移しておかなくちゃいけない。

ドルか、ユーロか、不動産か、債券か、はたまた金か。
みんなどうしますか。

でも、みんな正解がわかったら、やはり困るしナ。




都営・大江戸線じゃま2015/10/28 [23時43分27秒]
どうも、上りエスカレーターはあっても、下りエスカレーターのない駅が多すぎるのではないかと思う。

なんでだ。



ASTM蒸留曲線じゃま2015/10/26 [20時44分44秒]
この試験をするときは、換気扇のついたブースでやる。
接続部は、厳重にシールする。
こうすれば、蒸発した油が漏れてこないのだ。

漏れてこない筈なのだが、どうしても少しずつ漏れてくる。
それを吸ってしまうので、三十分しないうちに、意識がモーローとしてくるのだ。

試験が終わると、炭化した油。がフラスコやなんかにくっつくので、これは軽油で洗う。
目にしみてキリキリする。
髪も服もみんな、油のにおいがついてしまう。

ドラッグなんて、いらないよ。




ASTM蒸留曲線じゃま2015/10/26 [20時10分37秒]
試験をしていると、蒸発した油が少しづつ漏れてくる。

もちろん、漏れないようにしている筈なのだが、どうしても漏れてくるのだ。

それで、試験をすると、蒸発したガスを吸ってしまうので、三十分しないうちに、意識がモーローとしてくる。

ドラッグが普及する以前のヤンキーは、もっぱらシンナーを吸っていたようだが、新宿で一本二千円とか、なかなか高価だったらしい。

ガソリンでじゅうぶん。



バス停じゃま2015/10/22 [19時45分55秒]
「神楽坂」といえば、あー、あのあたりか、とわかる。

でも、地名として、「神楽坂」というのは無くて、
実際には「市ヶ谷○○町」である。

「神楽坂」というのは戦後に市町村が整理されたときに消えてしまったのだと思う。

地方にいくと、これがはなはだしく、「油縄子町」というバス停
があって、地元の人に聞くと「ゆなご」と読むそうである。
そんな地名は地図には無い。

バス停に「油縄子」が残っているのみである。

バス停の名前だけ、むかしの地名が残っているのだと思う。
バス運行が始まったのがそれだけ古い、ということか。

バス停にしか残っていない、昔の地名はたくさんあるのでしょうなあ。






労働力としての子供(その10)じゃま2015/10/19 [21時12分38秒]
だから、蒸気機関が普及する一方で、大量の子供が働く必要があった。

蒸気機関車が走るのは勇壮な眺めであるが、そういう陰惨なところに気づくと、なにかイヤなものである。

産業革命以前から子供は働いていたが、それは農業漁業であったから、収穫は自分たちの食えるものであった。

鉱夫になった子供は、石炭が食えるものではないから、悲惨である。

オワイ屋さんとか、煙突掃除屋(肺がんで死ぬ)とか、皆が嫌がるような仕事は、子供にやってきた。



労働力としての子供(その9)2015/10/18 [18時21分21秒]
フランスの産業革命は、イギリスより三十年ばかり遅い。
イギリスから、動力紡績機を輸入するところから始まるからだ。

それで、水力紡績機は、十分な水流がある場所でないとできないから、どうしても蒸気動力になる。

で、蒸気動力の問題は、大量の石炭が必要なことだ。

当時、石炭はとても高価なものだった。

石炭を安く供給するためには、薄給の工夫をたくさん揃えねばならぬ。
そういうわけで、大量の子供が工夫として働くことになった。



「男子」問題じゃま2015/10/11 [19時55分56秒]
それでは「男子」はどうか。

・○○たるは男子の本懐
・▲▲は男子一生の業にあらず

こういった「男子」はコドモ、青少年ではなく、八十歳でも使うことが出来る。

「アラフォー女子」という「女子」はこれとも違っていて、たぶんITバブル以降に生まれた、独特の価値観、発想を有する女性一般を示していると思う。



「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」ジェーン・スーじゃま2015/09/22 [21時06分14秒]

「清純派AV女優」って考えると変ですよね。

「アラフォー女子」ってのも、やっぱり変ですよね。

でも、そうじゃなくて、40でも50でも「女子」と自称してかまわないそうです。
 そのリクツが書いてあるのですが、まあむずかしい。

たいへんおもしろく読めるけれど。

それで「男女間には友情関係は存在しない」と考えているそうです。
それでは、性と性との関係は、ヘテロでしかありえない、ということになる。

著者がこれからも「続き」をかいてくれるといいです。








労働力としての子供(その8)じゃま2015/08/31 [19時05分39秒]
フランスと比べると、イギリスはかなり違っている。
フランスは奴隷を買ってカリブ海各地やアメリカに売っただけだが、イギリスはその奴隷を使ってサトウキビを栽培して売り込んでいる。
インドでは住民にジュートを栽培させて世界中に売りこんだ。
モノカルチュア経済を組織するのがずっと上手だったのですね。

どちらの粗利が高いのかは明らかで、フランスは革命後も大農業国だった。


労働力としての子供(その7)じゃま2015/08/30 [20時19分34秒]
フランス本国の経済力はそれであがっていくので、だから生産性が向上したのではない。
物流が増大しただけなんである。
だから七月王政下のブルジョアジーは、自分で稼いだとはいえない。
他人の稼ぎを集積するテクニックを学んだんですね。


労働力としての子供(その6)じゃま2015/08/19 [20時35分36秒]
アフリカで、フランスが何をやっていたかというと、奴隷売買だったんですね。
みんな、高校あたりでランボー読むでしょう(映画じゃないほう)。
ランボーも奴隷貿易でずいぶんさかんにやっていた。

それで、フランス本国で7月革命、ブルジョアジーが誕生するためには、大量の奴隷と低賃金労働者が必要だったわけです。

もちろん、子供だってかまわない。
安ければいいのだから。



高知じゃま2015/08/17 [17時56分09秒]
うん。
ティファニーの指輪あげたあと、彼女の実家にあいさつに行ったんですね。
お茶うけに高知名物、エチオピア饅頭を出してくれました。

食べてみたら大したことなかったので、「555の豚まんの方が好きかな」といってしまいました。

彼女、怒っちゃって「傷ついた」「信じていたのに」って。

つまり、555の豚まんより、エチオピア饅頭を選んだんですね。
選択の自由って、そういうことですよね?

でもエチオピア饅頭は、もう販売中止だそうです。

あれさえ無かったらなあ、と思うことしきりです。



前々からずっと気になっているんですがpasser2015/08/15 [17時13分04秒]
そのとき広末涼子にも結婚相手を選ぶ権利があったと思うんです。<表札


ちょっとなあBUN2015/08/08 [22時41分08秒]
最近、行儀が悪いですよ。


労働力としての子供(その5)じゃま2015/08/04 [20時03分02秒]
アンシャンレジーム下で、フランスの識字率は3割に満たず、自分の名前を書けないものが多かった。
公文書にサインが必要なときは、「×」や「+」で代用していたという。
フランス憲法が成立した18世紀末に、ようやく教育制度をつくって、子供は畑で働いたりせず、学校にいくことになった。

でも実際にできたのは、産業革命が動きはじめた6月革命よりあとになってから。

教育には経済力が欠かせない。大量の非生産人口をかかえこむ余裕がなければ。

注意したいのは、そのころのフランスが、アルジェリアをはじめとするアフリカの植民地を拡大させていたことである。




労働力としての子供(その4)じゃま2015/08/02 [19時29分34秒]
では、子供に教育を受けさせる利益は何か。

算数ができないと、スーパーのレジ打ちはちょっと難しい。
算数を習った子供は、岩塩を運ぶだけの子供より稼ぎが大きくなるかもしれない。

教育を受けさせると、所得が大きくなり、購買力も増す。
市場規模が大きくなって、産業が発展し、、、ということが期待できる。

でも、本当にそうなのか。




労働力としての子供(その3)じゃま2015/07/31 [18時57分20秒]
では、何が問題かというと、岩塩のブロックを運んでいるボリビアの子供は、10年後もやっぱり岩塩を運んでいるだろうということです。
身体が大きくなれば運べる岩塩が増えて、お金ももっと稼げるでしょう。

でも、それで買えるのは自転車ぐらいなもので、バイクはちょっとむずかしいかもしれない。
クルマを買うのは、まず無理でしょう。

だから、労働者を低賃金にしておくと、購買力がないから、買ってくれる人がいなくなるのが問題になる。

フェラーリの工場で働いている人のほとんどは、フェラーリは買えないでしょう。


労働力としての子供(その2)じゃま2015/07/27 [17時14分26秒]
それで、フィリップ・アリエスの「「子供」の誕生」という有名な本がある。
子供は大人と区別して、哺育と教育と愛護すべき対象である、というのはアンシャンレジームにはなく、フランス革命後に出現した、極めて新しい考え方だというものである。

市民革命を経験していない国では児童労働は現在でもふつうである。
途上国の都市に行くと、要りもしないお菓子やアクセサリーを売りつけにくる子供の大群に囲まれて、弱った人も多いでしょう。

自動販売機は百万円近くするけど、ああいうコドモをつかうなら、販売コストなんてタダみたいなものである。




労働力としての子供じゃま2015/07/25 [19時35分20秒]
ボリビアで、子供を労働者として雇用するための法律が整備されたという。

6歳になった子供は、単純労働はだいたいできるし、食べ物を入手したり、怪我したら自分で何かしら対処しようとするだろう。
メインテナンス費用が要らない。

だから、人件費を安くするには一番いい。
設備投資するより、途上国の子供を使うべきなんである。

人型ロボットなんかより、はるかに優れているのだ。


管理人さんじゃま2015/07/23 [19時57分43秒]
でも、管理人さんはこちらをちらっと見て言うわけです。
「まあ、俺の知り合いの若い子、2〜3人連れて行くか。彼女たちにおごってやるってことで、格好がつくだろう」

おお、若い女の子とあんみつを…
なんとすばらしいことでしょう。


管理人さんじゃま2015/07/20 [19時49分09秒]
そのときは、
「あ、新橋に××庵ていう、甘味処があるんですよ。会社の女の子が言ってましたよ、あんみつがおいしいって。
烏森口からちょっと歩くんですけどね」

そうすると、管理人さんは
「それはいいね。だが、男だけでそんなところは入りにくいな」
ちょっと顔をくもらせるわけです。


管理人さんじゃま2015/07/19 [18時57分52秒]
しかし、もし管理人さんが、
「いや、俺はそんなに飲むほうじゃないんでね」
と、冷ややかに言ってきた場合はどうなるでしょうか。
「虎屋の羊羹、あるだろ。ああいうの、結構好きなんだよ」
と、やや目を細めながら、うつむいてボソっと言ったりする場合です。

でも、そんな時の方法も考えてあるんです。


管理人さんじゃま2015/07/17 [19時56分05秒]
とおりさん:
管理人さんが、焼酎が好きだとわかれば、
「ビールなんて酒のうちにはいりませんよね!」
なんて、ゴマをすることができるじゃないですか!


管理人の個人情報の暴露を慫慂することに何の意味がありますか?とおり2015/07/16 [00時56分01秒]
表題のとおり


雇われ管理人さんじゃま2015/07/14 [19時54分02秒]
お目にかかったことはないけど、「タコ」とか「叩き出す」とか、奥さんや子供さんとも、そんな話しかたするのかな。

どんな人か、ご存じのかた、教えて下さい。


ネトウヨ友募集じゃま2015/07/13 [20時27分34秒]
「チャンネル桜」とか読んでるネトウヨのかたと話してみたい。


苦い米(その5)じゃま2015/05/27 [20時14分28秒]
BUNさん:
コメントありがとうございます。

親父が一人でやっている書店があって、週刊誌だけ売っている。
週刊誌は平均して一時間に3.14冊売れる。

もっと儲けたい親父は、アルバイトを一人やとって、
「与謝野晶子 訳 源氏物語」
を置く。
すると、一時間に3.141冊売れるようになった。
売り上げが、一時間に0.001冊増えた。

喜んだ親父は「詳説 ギリシア悲劇」も置くことにした。
アルバイトはもう一人増やした。
すると、一時間あたり3.1415冊売れるようになった。
さらに売り上げが、0.0005冊増えた。

味をしめた親父は、「日本フィヒテ学会誌」も置くことにした。
すると、一時間あたり3.14159冊売れるようになった。
さらに売り上げが0.00009冊増えた。

これはたまらん、と親父は「キケロ全集」を置くことにして、
さらにアルバイトを一人増やし、店舗の拡大を計画することにした。
売り上げがさらに増えて、3.141592冊になった。

笑いが止まらなくなった親父は、若い女の子を正社員として雇い、
「日本精神医学史」を置いてみたら、売り上げはもっと上がって
一時間あたり3.1415926冊になったのだ。

親父は広尾のマンションを買おうかと考えはじめた。
心配することはない
なにしろ、売り上げは順調に伸びているのだ。

三省堂よりは大きくなるに違いない。




ロングテールBUN2015/05/25 [21時31分27秒]
あれは何の根拠もないこと、ごめんなさい、と提唱者自らが認めているでござんすよ。


苦い米(その4)じゃま2015/05/23 [20時09分10秒]
収穫逓減というのは、コメにかぎらず、鉱工業、商業すべてにおいて観察されるものであった。

ところが、ネット時代になって「収穫逓増」ということが言われるようになった。
「ロングテール」というやつである。
つぎこんだリソースのぶんだけ、どこまでも収穫は増えていく…

これは本当なのか。



キ64(その2)じゃま2015/05/20 [20時23分53秒]
い さん:
ご教示ありがとうございます。
He-119はカッコいいですね。
日本が輸入していたとは知りませんでした。
エンジンのタンデム配置ではドルニエDo-335とかも。

表面冷却のテストはやっていたと思います。
どこで読んだのか忘れました。
トラブルばかりで整備が大変だったとか。
あれもHe100から思いついたのでしょうか。

表面冷却がダメなのは、ヒートパイプがダメなのと同じようなものですね。
80件以上の発言は削除されます。

TK CGI Small Town Ver2.4 Programmed by KiMU TaKE (C)1997-1998